プラセンタの歴史を知る

プラセンタの歴史を知る

 

プラセンタには、非常に古い歴史があります。クレオパトラやマリーアントワネットなど、昔から若返りのために、プラセンタを摂取していたという人はたくさんいます。

 

現在の製法で作られるようになったのは、1930年頃で、医療用として、旧ソ連でプラセンタの錠剤が作られ始めました。

 

日本では1960年代ごろから、研究が開始され、現在までの間に、プラセンタの注射だけではなく、プラセンタサプリメントやプラセンタドリンクなど加工品や化粧品など、様々な物になり、販売されています。

 

研究が始まり、日本で販売されるようになったのはあまり古い歴史ではありませんが、研究により、様々な効能があることがわかっており、サプリメントの中では群を抜いて効果が高い物であると言えるでしょう。

 

プラセンタは古い時代から、摂取されていたものですが、昔の人は、殺菌をするわけではありませんし、製造工場があるわけでもありません。

 

研究するわけではないにも関わらず、プラセンタを摂取することで、若返ることができると見抜くことができたわけですから、プラセンタには、とても強い力があるということなのでしょう。

 

プラセンタの安全性について異議を唱える人もいますが、現在までにはプラセンタの摂取により、病院に行かなければいけないほど、重篤な症状が出た人はいませんし、日本国内のメーカーであれば、比較的安心してプラセンタを摂取することができますから、まずはプラセンタを試してみましょう。

 

関連ページ

プラセンタは本当に効果があるのか
プラセンタは本当に効果があるのかを説明します。
プラセンタは薬を服用しながら摂取できるのか
プラセンタは薬を服用しながら摂取できるのかを説明します。
プラセンタの製造方法
プラセンタの製造方法について説明します。
体調に合わせてプラセンタを選ぶ
プラセンタは、メーカーによって濃度が違います。いつでも同じプラセンタドリンクを飲むのも良いですが、体調の変化に合わせてプラセンタを変えるという方法もあります。
プラセンタに添加されている成分とは
プラセンタに添加されている成分について説明します。