プラセンタの製造方法

プラセンタの製造方法

 

プラセンタエキスを取り出すためには、様々な工程があります。

 

作業方法もメーカーや工場によって、変わりますし、作業工程によっても、プラセンタの濃度が変わります。

 

加工分解法と呼ばれる物は、強酸と呼ばれる酸で、プラセンタを分解するという方法となります。強酸を使用する加工分解法は一番メジャーな方法なのですが、強酸により、プラセンタの成分が一部分壊れてしまうと言われています。

 

酵素分解法とは、酵素によって、プラセンタを分解するという製法で、比較的高濃度のプラセンタを作り出すことができるとされています。
凍結融解法とは、プラセンタを冷凍させ、解凍させる時に出てくる水分の中からプラセンタを取り出すという方法です。多くのプラセンタを抽出することができないため、あまり使われていません。

 

分子分画法は、加工分解法のように良く使われる製法で、フィルターによって余分な物質を取り除くという作業が行われる方法です。

 

抽出されたプラセンタエキスは、フリーズドライ製法と呼ばれるエキスのまま乾燥させる方法と、スプレードライ製法と呼ばれる製法により、若干希釈された状態で乾燥する方法があり、その段階でもプラセンタの濃度が変わります。

 

プラセンタドリンクやプラセンタサプリメントを選ぶ時には、製造工程が明確である方が、プラセンタの濃度がわかりやすいですから、製造固定が確認できるメーカーのプラセンタを選ぶと失敗がなく、プラセンタの効果を実感することができるでしょう。

 

関連ページ

プラセンタは本当に効果があるのか
プラセンタは本当に効果があるのかを説明します。
プラセンタは薬を服用しながら摂取できるのか
プラセンタは薬を服用しながら摂取できるのかを説明します。
プラセンタの歴史を知る
プラセンタの歴史について説明します。
体調に合わせてプラセンタを選ぶ
プラセンタは、メーカーによって濃度が違います。いつでも同じプラセンタドリンクを飲むのも良いですが、体調の変化に合わせてプラセンタを変えるという方法もあります。
プラセンタに添加されている成分とは
プラセンタに添加されている成分について説明します。