プラセンタ注射とは

プラセンタ注射とは

 

プラセンタドリンクよりも即効性があり、そして持続性があるプラセンタの摂取を行いたい場合には、プラセンタ注射がお勧めです。

 

プラセンタ注射は、病院で接種をすることができる物で、一般的に販売されているプラセンタドリンクやプラセンタサプリメントで使われている豚や馬の胎盤ではなく、人間の胎盤を使われている物が多くなっています。

 

人間同士となりますから、豚や馬のプラセンタに比べ、アレルギーが起きる可能性が低く、そして安全性が高いと言えます。

 

人間の胎盤から採取したからといって、血液が入り込むわけではないので、感染の心配は全くありません。様々な殺菌の行程を通りますから、馬や豚よりも安全性が高いのです。

 

病院でのプラセンタ注射は、1回2000円前後からとなっていますから、比較的安い金額で摂取することができます。継続して摂取している人の場合には、1週間に1度の割合で摂取している人が多くなっています。

 

病院での接種となりますが、保険は適用とはなりません。ですが、慢性的な肝炎などを患っている人には、保険適応となります。

 

プラセンタ注射を接種した後に注意しなければいけない事は、献血が一生できなくなるということです。献血はできませんが、輸血してもらう時には問題はありません。

 

その他の注意点としては、予防接種のように、副反応が出てしまう人がいるということです。赤みや注射部位の腫れ、湿疹が出てしまう人もいますから接種後の肌に状態には注意しましょう。

 

関連ページ

信頼できるプラセンタを選ぶ
プラセンタドリンクを選ぶ時には、配合されている成分や安全性が確認できる物を選ぶことが大切です。
男性がプラセンタを摂取するとどうなるか
男性がプラセンタを摂取するとどうなるか説明します。
塗るプラセンタとは
塗るプラセンタについて説明します。
人間の胎盤はプラセンタになるのか
人間の胎盤はプラセンタになるのか説明します。
保険適応となるプラセンタとは
保険適応となるプラセンタについて説明します。