人間の胎盤はプラセンタになるのか

人間の胎盤はプラセンタになるのか

 

人間の胎盤からでもプラセンタを作り出すことができます。

 

人間の胎盤で作りだされるプラセンタは主に、医療用とされており、一般販売は行われていません。

 

人プラセンタの場合、病気である人の胎盤を使用することで、HIVや肝炎など、病気がうつってしまうのではないかと心配される人もいますが、プラセンタになる人の胎盤は、健康であるという人の胎盤のみを検査して、感染症がないかどうかを確かめ、その後、様々な殺菌過程をクリアしたプラセンタのみが医療用として使用されることになりますから、安全であると言えます。

 

血液と、ホルモンもしっかりと除去されていますから、プラセンタエキスとして体内に入っても問題がないように作られているのです。

 

プラセンタドリンクは医療用ではないため、人プラセンタが含まれていることはありませんが、プラセンタの効果をもっと高めたいという人にとっては、人プラセンタを医療機関で注射してもらうことで、プラセンタの違いを実感することができるでしょう。

 

現在までに、人プラセンタの接種による、健康被害は出ていませんが、人プラセンタの摂取が100パーセント安全であると確証はされていません。

 

そのため、人プラセンタを接種する場合には、接種前の同意書が必要となりますし、プラセンタドリンクやプラセンタサプリメントに比べるとまだまだ人プラセンタの注射の接種は金額が高くなっていますから、自分に合わせたプラセンタ選びをするようにしましょう。

 

関連ページ

信頼できるプラセンタを選ぶ
プラセンタドリンクを選ぶ時には、配合されている成分や安全性が確認できる物を選ぶことが大切です。
男性がプラセンタを摂取するとどうなるか
男性がプラセンタを摂取するとどうなるか説明します。
塗るプラセンタとは
塗るプラセンタについて説明します。
プラセンタ注射とは
プラセンタ注射について説明します。
保険適応となるプラセンタとは
保険適応となるプラセンタについて説明します。