保険適応となるプラセンタとは

保険適応となるプラセンタとは

 

プラセンタ注射を医療機関で接種してもらう時、肝機能障害や、更年期障害などを患っていると保険適用となり、一般的なプラセンタ注射よりも安い価格でプラセンタ注射を接種してもらうことができます。

 

美容や健康のため、体質改善のためにプラセンタ注射を接種する場合には、保険適用となりませんし、美容整形外科でプラセンタ注射を受ける場合には、保険適用とはなりません。

 

厚生労働省が定めた法律により、プラセンタ注射は、肝機能障害がある人か、更年期障害がある人ではないと保険適用にならないと決められていますので、プラセンタ注射を受ける場合には、保険適用となるか、医師に確認をしてみると良いでしょう。

 

プラセンタ注射は、様々な診療科目で接種をすることができます。肝機能障害であれば、内科ですし、更年期障害であれば、婦人科での接種となります。

 

プラセンタ注射の治療を取り入れている病院でなければ、プラセンタ注射を接種することができませんから、プラセンタ注射の接種を希望する場合には、電話やネットなどを利用し、プラセンタ注射の治療を取り入れているか確認をしてから診察をするようにしましょう。

 

プラセンタ注射には、メルスモンと呼ばれる物と、ランエネックと呼ばれる2種類のみしか国内にはありません。

 

更年期障害でメルスモン、肝機能障害ではランエネックと決まっていますが、美容のために注射する場合にはどちらにも差がないと言われていますが女性の場合には、ホルモンを正常化するためにもメルスモンがお勧めです。

 

関連ページ

信頼できるプラセンタを選ぶ
プラセンタドリンクを選ぶ時には、配合されている成分や安全性が確認できる物を選ぶことが大切です。
男性がプラセンタを摂取するとどうなるか
男性がプラセンタを摂取するとどうなるか説明します。
塗るプラセンタとは
塗るプラセンタについて説明します。
プラセンタ注射とは
プラセンタ注射について説明します。
人間の胎盤はプラセンタになるのか
人間の胎盤はプラセンタになるのか説明します。